人生は楽しく!

☆楽しさが詰まった思い出を作るなら☆

楽しい思い出を作るには最後が重要!

楽しい思い出とは、その時楽しいと思えるのはもちろんの事、後から思い起こした時に楽しかったなと思えるものが真に楽しい思い出であると言えるでしょう。そして楽しい思い出を作りやすいものは、なんと言ってもバラエティに富んだイベント系です。
しかも季節ごとのイベントでは、まわりの雰囲気も相まって楽しい雰囲気をより一層引き立てるのでとても適しています。そのためにも、一緒にいる人と別れるまで楽しい状態でいる事が大切です。
例えば、夏休みの期間中はもちろんの事、近年では冬にも行われる花火大会ではどうでしょうか。花火が終わって帰路につく時に人ごみで全く動けず、駅に行くまで何十分もかかってしまうと言う終わりを迎えてしまうと、楽しかった花火の思い出も半減してしまい最後の疲れたと言う思い出が強く残ってしまいます。
そうならないためにも、終わりよければ全てよしとあるように、例えば花火の終盤になったら駅へ向かって歩きながら最後の方の花火を見るとか、いっその事花火が終わった後は人が少なくなるまで花火会場で余韻に浸って人ごみがなくなったら帰り始めるとか、あらかじめ目星をつけておいた飲食店に入って道がすいてきたら帰りだすとか、なにかしら楽しかった思い出のままで帰れる状態にしておくのがベストです。
季節ごとのイベントは楽しい思い出を作れる分、人が多く集まるので疲れたり苦労したりする事もあるでしょう。そこをどう上手く回避するかが、疲れたと言うネガティブな思いを残さない、楽しい思い出を作るヒントになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です